WORKS

新築

#05 宮之阪の家「高台に建つ終の棲家」

閑静な住宅街に建つ落ち着いた和モダンスタイルのお家です。

住まい手ご家族にとっては二度目の家づくり、ご主人様からお聞きした今回の家づくりのテーマは、まさに高性能住宅でした。

以前のお住まいも、吉野杉と漆喰で建てられた“木の家”でしたが、ご主人様の定年後、終の棲家として選ばれたのが、夏涼しくて冬暖かい高断熱高気密住宅。いろいろと高断熱住宅について調べられたとお聞きしました。私たちとの出会いも、ご主人様からの『高断熱高気密住宅について教えてほしい』という、一本の電話でした。

お会いしてモデルハウスをご案内させていただき、私たちの提案する高断熱高気密な木の家にご理解を頂き、始まった家づくりでした。

淀川の南側に位置し丘陵が広がる枚方市。その淀川水系の氾濫にも備え、高台の敷地を選ばれました。高台に建つ終の棲家。それが住まい手ご家族にとっての第二の家づくりのテーマでした。さらに太陽光発電システムと、災害時用の非常電源を備えてあります。

 

1階のリビングは勾配天井で開放感があり、吉野杉の化粧梁が木の家の雰囲気を出し、吹き抜けになった階段室を通して南側からの日射が ダイニングにも降り注ぎ広くて明るい1階リビングの家になっています。

天井高さを2m25㎝とやや低い目に抑える事で、全体の階高も低くし2階への上り下りの負担を軽減しています。それでいて、奥に広がる傾斜天井による天井高さの緩急をつけ2m25㎝という天井には低さを感じさせず、むしろ奥行き感と横への広がりが開放感のある空間に仕上げています。

リビングに併設した和室の柱には、吉野桧の化粧柱を使い、そのリビングと和室の間に象徴的に立つ柱の太さは5寸(約15㎝)あり、まさに大黒柱。

住まい手ご家族にとって、二度目の家づくりだからこそできた終の棲家。これから新しい暮らしの記憶を紡いでいかれます。

HOUSE DATE

施工エリア 枚方市宮之阪
性能ランク
断熱性能[Q値] 1.00 [W/㎡K]
延床面積 139.53㎡ 42.20坪
断熱性能[UA値] 0.33 [W/㎡K]
気密性能[C値] 0.27 [c㎡/㎡]