GUARANTEE

長年の実績と安心できるアフターフォローを - AFTER FOLLOW -

住まいは、できるだけメンテナンスが少なくなるように、設計で工夫することや、選択する材料を吟味することがとても重要になります。しかし、メンテナンスが0になるわけではありません。長く資産性を保ちながら、住み継いでいただけるような住まいにするために、最大限の保証と、丁寧なアフターフォロー体制をご用意しています。

アフターフォロー イメージ画像

Housing guarantee 安心できる保証体勢

DAIKOstyleの家づくりでは、住まいの保証も充実。長く住まう家だからこそ、もし何かが起きてもすぐに保証で対応することができるように、様々な点において配慮を行なっております。また、保証の対象外でも、迅速にお客様のお困りごとを解決しに、ご自宅へお伺いできるという範囲で建築をさせていただいておりますので、ご安心くださいませ。

地盤保証

10年間

工事を行う前に必ず地盤の調査を行います。提携調査会社による地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)で軟弱な地盤と診断された場合は、地盤の保証を行えるよう最良の対策工事を行います。保証期間10年、保証限度額5000万まで保証されます。

設備機器保証

メーカー保証

システムキッチン・洗面ユニット・システムバス・トイレ・サッシなど設備機器類は、メーカー毎の無償保証がついてきます。それ以降のメンテナンスにつきましては、有償もしくは場合によってはリフォームでのご対応となります。

防蟻保証

10年間

万が一、保険期間内にシロアリ被害に遭われた場合、再施工にかかる費用が保証されます。また、被害における修理費も最大500万円まで保証されます。

社内検査

全棟実施

引渡し前に外構も含め完成した建物に汚れやキズ、設備等の不具合がないか確認します。スタッフ全員で隅々まで厳しくチェックします。

第三者機関検査

全棟実施

自社基準に基づき、第三者による、施工現場のチェックを規定工程において実施しております。住宅瑕疵保険・第三者・自社の3回の検査でより安心をお届けできるようにしております。

住宅瑕疵保険

2,000万保証

日本住宅保証検査機関(JIO)「あんしん住宅瑕疵保険」に加入しています。
建築中に全部で2回の現場検査が行われます。
保証されるのは、基礎や柱等の構造耐力上主要な部分と外壁や屋根等の雨水の侵入を防止する部分です。保証される期間は引渡日から10年です。

アフターメンテナンスの考え - GUARANTEE -

メンテナンスの流れ

専門知識のある社員大工がアフター訪問いたします

メンテナンス講習会の開催

DAIKOstyleの家づくりは、無垢の木や紙クロス、漆喰といった自然素材を使用しています。住んで時間が経つごとに、少しずつ味わい増していくこれらの素材を長く住まうためにも手入れをしながら過ごすという暮らしを。そのお手伝いとして、メンテナンス講習会を随時開催しております。