WORKS

新築

#08 日下の家「住宅街にひときわ目立つ杉板外壁の家」

住まい手は、大阪市内にお住まいの新婚のご夫婦です。これからの育まれていく家族のためにその人生の舞台となる家づくりを共に進めさせていただきました。

当初は、とある分譲住宅を展開されているいわゆるデベロッパー系の住宅会社でご検討されていたのですが、ちょうど一昨年末の完成見学会のご見学をしていただいた後、年明けすぐに『土地が見つかったので、一緒に見てほしい。』とお電話を頂いたのが、とても印象的でよく覚えています。

というのも、その土地は奥様のご実家近くという事と、実は私にとっても地元ということで、子どものころからよく知っている地域だったからです。もともとは全く違ったエリアで土地を探されていたのですが、たまたまご実家近くの土地が見たかったという事で、非常に『縁』を感じました。

設計がスタートしたのは、そのあとすぐ。半年ほどの設計期間を頂いて着工をするも、ウッドショックのあおりで床の下地に使う合板が入手しづらい時期という事もあり必要数の確保に時間を要したり、外壁に選ばれていた金属系のサイディングも出荷停止になったりと、何かとトラブルに見舞われましたが、無事に竣工しお引き渡しができました。

金属サイディングの代わりに、選ばれたのが 杉板外壁鎧張りでした。敷地が住宅地の中でも角地という事もあり、結果的には 周りにはない ひときわ目立ったランドマーク的な外観となりました。

ちょうど完成は、暖かくなり少し気の早い桜がポツポツと咲きはじめる頃になりました。お庭に植えたアオダモも新芽をつけはじめています。

高断熱住宅の暖かさを体感して頂くには、次の冬までのお楽しみとなりましたが、まずは春の陽気を窓を開けて楽しんでいただき、

すぐやってくる夏の暑さには、建物の性能を発揮し涼しく快適に過ごして頂けることでしょう。

HOUSE DATE

施工エリア 東大阪市日下町
性能ランク Q1.0住宅Level-2 省エネ基準住宅に対して26.1%
断熱性能[Q値] 1.08 [W/㎡K]
延床面積 97.89㎡ 29.61坪
断熱性能[UA値] 0.32 [W/㎡K]
気密性能[C値] 0.13 [c㎡/㎡]