BLOG

#06加美東の家 付加断熱

現場ブログ全て
2021/05/13

こんにちは、東大阪で高断熱高気密な木の家を真面目に建てている新住協Q1.0住宅マスター会員の大幸綜合建設住宅事業部DAIKOstyle西田です。

#06加美東の家の付加断熱工事が始まっています。

外壁の構造用面材の外側に高性能グラスウールで壁を熱くグラスウールを付加します。 

付加断熱のメリットは、単純に外皮の断熱性能が上がるというだけでなく、熱橋対策にもなります。従来の充填断熱は柱と柱の間に壁の内部にグラスウールを充填しますので、当然柱の部分がグラスウールに比べ、熱伝導率が高く熱を伝えやすくなっています。この部分をヒートブリッジとか、熱橋と言います。それをその外側から、写真のように横貼りで断熱材を付加するので、熱橋部分がかなり少なくなります。

私はいつも高性能住宅3種の神器と言っていますが、樹脂窓と熱交換換気、そしてこの付加断熱で、6地域ではHEAT20 G2をクリアすることができます。Q1.0住宅となります。

コロナ禍で新しい生活様式が提唱されましたが、在宅時間が長くなり光熱費が嵩む新しい生活様式にこそ、建物の基本性能をあげ、冷暖房費が少ない家づくりが大切ですね。

DAIKOstyle 西田

*******************************************************
インスタはじめました。@daikostylenishida   ぜひチェックしてみてください。
家づくりのことを中心に、施工事例や現場レポートなどを投稿しています。

 

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ全て

2020/05/29

家づくりブログ全て

2020/05/29