BLOG

付加断熱標準施工

家づくりブログ現場ブログ全て
2021/06/23

こんにちは、東大阪で高断熱高気密な木の家を真面目に建てている新住協Q1.0住宅マスター会員の大幸綜合建設住宅事業部DAIKOstyle西田です。

DAIKOstyleでは、付加断熱を標準施工にしています。

樹脂窓、付加断熱、熱交換換気。DAIKOstyleではこれらを 真の省エネ住宅、三種の神器を 読んでいます。

これらを採用する事で、日射取得などの環境条件に左右されることなく Q1.0住宅の性能を満たすことが出来き、条件さえ整えばQ1.0住宅レベル2になります。だいたいこれまでの平均的なUa値は0.33程度。

こちらの現場は生駒市の現場。生駒市と言えば、省エネ基準の地域区分では5地域となり、温暖地の中では、やや寒いところになります。その地域でもQ1.0住宅レベル2です。

肝心の冷暖房付加は、1㎡あたり 24.9kWh/㎡ このあたりは、6地域だと15kWh/㎡前後なのですが、さすがに5地域といったところですね。

逆に、冷房負荷は5.8kWh/㎡と、6地域に比べてかなり低い目の数値となりました。

付加断熱は、これからの低炭素社会のためには必須だと思います。

DAIKOstyle 西田

*******************************************************
インスタはじめました。@daikostylenishida   ぜひチェックしてみてください。
家づくりのことを中心に、施工事例や現場レポートなどを投稿しています。

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ全て

2020/05/29

家づくりブログ全て

2020/05/29