BLOG

DAIKOstyleのZEH

家づくりブログ全て
2020/06/26

 

ZEH(ゼッチ)とは?

日本の住まいと暮らし方が変わろうとしています。

それは、住宅のゼロエネルギー化への取り組みです。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、高断熱化、高効率設備による省エネと太陽光発電などによる創エネにより、年間のエネルギー消費量が0以下になる住まいです。地球環境にやさしい暮らしを目指し、政府は新築住宅のゼロエネルギー化を推進しています。普及促進を目的としたZEH支援事業による補助金も用意されています。

補助額はZEHの性能によって変わり、性能が高いほど多くの補助を受けられます。

①ZEH(ゼッチ)【 定額60万円/戸】

ZEH+ (ゼッチプラス)【 定額105万円/戸】

次世代ZEH+(次世代ゼッチプラス)【 定額105万円/戸】

 

ZEH+とは、ZEHをより省エネ化し、電気自動車充電設備などの再生可能エネルギーの自家消費拡大につながる設備を導入した住宅です。

次世代ZEH+とは、そのZEH+に、さらに蓄電システム、燃料電池などの再生可能エネルギーの自家消費拡大につながる設備を導入した住宅をいいます。

基準には満たないけれど、特定の条件をクリア出来ればZEHと同じように補助金申請の対象になるという「Nearly ZEH(ニアリーゼッチ)」、「ZEH Oriented(ゼッチオリエンテッド)」、「Nearly ZEH+(ニアリーゼッチプラス)」など様々な基準が設けられており、今後ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。

 

 

DAIKOstyleのZEH

ZEH仕様の住まいにするためには、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす必要があり、DAIKOstyleの住まいは、「W断熱(付加断熱)」「第1種熱交換換気システム」「樹脂サッシ」を採用。DAIKOstyleの標準仕様でZEHに必要な断熱基準に対応しています。あとは、太陽光発電パネルなど、わずかなアイテム変更・追加により、健康・快適・幸せを追求したDAIKOstyleの家づくりで「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」が実現できます。

DAIKOstyleの標準性能は国が定める断熱性能よりも高く、6地域である大阪でも真冬も快適にお過ごしいただけるように北海道などに必要な1地域と同等の性能レベルを目指しています。

 

(UA値は壁・天井・窓の熱の伝わりやすさの平均を示した数値で、小さいほど出入りする熱が少なく断熱性能が高いと判断されます。)

我慢しない省エネ

断熱と気密性能が高いので、エアコン1台でも十分「冬暖かく結露せず、夏涼しく快適な家」が実現します。「エコ」と「快適」さらに「健康」が調和すことができる住まいは環境にも人にも優しく、さらに冷暖房にかかる光熱費も抑えられお財布にも優しいと言えます。

 

■弊社が取り組むZEHビルダー事業につきまして、以下の通り目標と実績をご報告いたします。

 

 

 

 

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ全て

2020/05/29

家づくりブログ全て

2020/05/29