BLOG

~上棟式~

家づくりブログスタッフブログ全て
2022/12/19

こんにちは、東大阪で高断熱高気密な木の家を真面目に建てている新住協Q1.0住宅マスター会員で木構造マイスター準1級の大幸綜合建設住宅事業部DAIKOstyle西田です。

2022年12月17日(土)

DAIKOstyle#12西大寺の家の 上棟式を執り行いました。

お天気はあいにくの雨でしたが、建て方作業の前々日と前日は、よく晴れ絶好の立て方日和でした。おかげさまで化粧材の多いこの西大寺の家ですが、柱や梁などの化粧材を濡らさずにすみました。

DAIKOstyleでは上棟式をご紹介します。

御幣といって、上棟式に際して家の屋根裏に祀る木の板を用意します。地鎮祭で預かった棟札や扇子などで飾り付けます。

お施主様にご用意いただくものとしては、洗い米(1合)、粗塩(1合)、お神酒(1升瓶)です。

これは、弊社の方で用意する場合もありますが、お気持ちの物ですので、お施主様に用意して頂いております。

上棟式の流れとしては、

開式の後、御幣にむかって拝礼。二礼、二拍手、一礼 を行います。

次に、清めの儀。棟梁と一緒に建物の四隅を北東隅(表鬼門)から右回りで清めていきます。

建物の各隅に一礼をし、左、右、左と清めていきます。

棟梁がお神酒、お施主様には米と塩で清めていっていただきます。

清めの儀の後、また御幣の前に戻り 再び二礼、二拍手、一礼 を行い、閉会とします。

本来は御幣を、棟儀に取り付けるのですが、まだ階段もなく危ないので、これはあとでスタッフの方で執り行っております。

閉会の後、お施主様からご挨拶のお言葉を頂戴しております。その後、大工やスタッフの紹介を行い、昔ならここで、直会(なおらい)といって、乾杯をし食事を行うのですが、時節柄これも省略。地域によっては、お餅巻きなどをする風習もあります。

DAIKOstyleでは、杉か桧の床材を選ばれた方限定にはなりますが、床材の原板を用意し、抜け節の部分に埋木をしていただいております。

山の見学会でも製材所にて行う埋木体験ですが、上棟式でも、床材の埋木をしていただき、再度製材所に持ち帰り床材に加工してから、実際にそのお家の床として使わせていただいております。思い出づくりの一環ですね。

最後に、記念撮影です。

H様、上棟。おめでとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

DAIKOstyle 西田

*******************************************************
InstagramTwitterFacebookで家づくりのことを中心に、施工事例や現場レポートなどを投稿しています。

毎週月曜20時にライブ配信!YouTubeチャンネル『?に答える家づくり相談室 by新住協関西支部』 に出演中。

家を建てたいなと思ったときから次々あふれる疑問をプロに匿名で質問できるYouTubeライブ番組です。

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ 性能のお話全て

2020/05/29

家づくりブログ全て

2020/05/29

家づくりブログ 性能のお話全て

2020/05/29