BLOG

吹き抜けとシーリングファンはセットで

家づくりブログ全て
2020/10/02

こんにちは、東大阪で高断熱高気密な木の家を真剣に建てている新住協Q1.0住宅マスター会員の大幸綜合建設住宅事業部DAIKOstyle西田の家づくりブログです。家づくりの役に立つ情報や施工事例、現場のレポートなどを投稿しています。

DAIKOstyleではリビングに吹き抜けをとることをおススメしています。もちろんプラン上のことですので、絶対にというわけではないのですが、

できればとって頂きたい。

高断熱住宅は全体的に高い断熱性と気密性のおかげで、家の中の温度ムラが起こりにくくなっています。上下階をつなぐ空間には階段があるわけでわけですが

階段の他にも吹き抜けがあると、2か所上下階をつなぐ空間があると、より家じゅうの空気が循環しやすくなり

より温度ムラがなくなります。

さらに吹き抜け部の天井にシーリングファンを取り付けるとさらに、効果的。

やはり、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行きますので、

冬に暖房をかけるときは、気流が下に向くようにファンを回し、夏は逆回転させ、冷たい空気が上に回るようにします。

こうすることで、さらに家じゅうの空間の温度ムラがなくなっていきます。

かなり、効果的です。

DAIKOstyle 西田

*******************************************************
インスタはじめました。@daikostylenishida   ぜひチェックしてみてください。
家づくりのことを中心に、施工事例や現場レポートなどを投稿しています。

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ全て

2020/05/29

家づくりブログ全て

2020/05/29