BLOG

目的に応じた色温度の照明器具を選ぶ

家づくりブログ設計のお話全て
2023/08/05

こんにちは!東大阪を中心とした大阪・奈良で高断熱高耐震の木の家専門店として注文住宅を建てるDAIKOstyle西田です。

 

今日はすこし短めですが、前回のブログ『日本人の灯り感と灯りの歴史』に書けなかった内容を追記したいと思います。ここでは、今主流となっているLED照明器具の色温度や調光機能についてご紹介します。

 

目的に応じた色温度の照明器具を選ぶ

 

電球、蛍光灯とその時代背景ともに変化し、現代では省エネ性の高さから、LED照明へと変わっていきました。

DAIKOstyleでも新築住宅のすべての照明器具はLED器具となっています。LEDの光源色は5種類に区分されていて、それぞれ「電球色」「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」があり、この順番に色温度は上がっていきます。

「電球色」・・・2600K~3250K 日の出・夕焼けのような温かい光

「温白色」・・・3250K~3800K

「白 色」・・・3800K~4500K

「昼白色」・・・4600K~5500K 太陽光に最も近い色。

「昼光色」・・・5700K~7100K やや青を含んだ白色。

 

色温度と人の生活リズムの関係から、リラックスしたい空間に日中の高い色温度は不向きですし、長時間過ごす部屋に設置するのもあまりオススメしません。逆をいうと、集中力を高めたい勉強部屋、仕事部屋など覚醒したい部屋に使うのがオススメです。コロナ禍以降、リモートワークや在宅勤務など生活や働き方に、大きな変化が出てきました。それに合わせ、部屋の使用目的に応じて、適した色温度の照明器具を選定するという考え方も大切です。

 

またLED照明器具は色温度を調整できる器具があります。これにより、とくに子ども部屋など同じ部屋でも勉強をするとき、リラックスするとき、寝るときなどシーンごとに応じた色温度を選べるようにもなりました。

 

ろうそくの火や白熱灯の色温度

 

個人的にお薦めな照明器具メーカーさんは大光電機さんです。弊社と名前が似ているから、というわけではございません(笑)

大光電機さんは、間接照明の器具のバリエーションが多く、次回のブログで書く予定のDAIKOstyleでもよく採用する建築化照明がやりやすいという事。そして、調光タイプの器具の中、温調という白熱灯風の調光の照明器具があるので、これが非常によい雰囲気の空間を作り出します。

 

前回のブログでも書いたように、もともと日本人は電球色、遡るとろうそくの火で暮らしていました。

その白熱灯電球やろうそくの火の色温度に近いのが、この温調器具を使ったときに調光できる温調です。温調は、白熱灯電球のように調光すると温かみのある色温度に変化し、心に落ち着きを与え、くつろぎや癒しをもたらせてくれます。

日本人の灯り感と灯りの歴史|2023年最新

参考画像出典元:DAIKO電気カタログより

DAIKOstyle 西田

*******************************************************

DAIKOstyle西田のプロフィールブログはこちら

InstagramTwitterFacebookで家づくりのことを中心に、施工事例や現場レポートなどを投稿しています。

DAIKOstyleのYoutubeチャンネルで家づくり情報を発信中。

毎週月曜20時にライブ配信!YouTubeチャンネル『?に答える家づくり相談室 by新住協関西支部』 に出演中。

家を建てたいなと思ったときから次々あふれる疑問をプロに匿名で質問できるYouTubeライブ番組です。

 

PICK UP BLOG - オススメの記事 -

家づくりブログ

2020/05/29

家づくりブログ

2020/05/29